この記事にはプロモーションが含まれています
PR

2歳児が新幹線で落ち着いて過ごすための暇つぶしアイデア集

2歳 新幹線 暇つぶし

2歳の子供と一緒に新幹線に乗ることは、親にとっては楽しい一方で、子供が長時間静かに過ごすことができるか心配な瞬間でもあります。

そこで、今回は2歳児が新幹線で落ち着いて過ごすための暇つぶしアイデアを集めました。

おもちゃやゲーム、絵本などを活用して、子供が楽しく過ごすことができる方法をご紹介します。

また、他の乗客にも配慮した静かな遊びや、子供の安全に気を配るためのポイントもお伝えします。

新幹線での子供との快適な旅のために、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

 

2歳児との新幹線の旅を成功させるためのポイント

子供の注意力を引くおもちゃやゲームの選び方

子供が長時間遊べるおもちゃやゲームを選ぶことが重要です。

音を出さないものや小さくて飛び出しにくいもの、または簡単に遊べるものがおすすめです。

 

 

他の乗客に配慮した静かな遊びの提

新幹線の車内は他の乗客も多いため、子供が騒がないようにする必要があります。

静かな遊びとして、お絵かきやパズル、または絵本を楽しむことができます。

 

 

子供の安全を確保するための注意点

子供が新幹線の車内で安全に過ごすためには、必ず目を離さないようにしましょう。

また、子供が暴れないように座り心地の良いシートクッションやシートベルトの活用も考えましょう。

 

 

 

2歳児との新幹線の旅を楽しく過ごせるおもちゃやゲームのアイデア

おもちゃの選び方と注意点

新幹線で遊ぶおもちゃは、音を出さないものや小さくて飛び出しにくいものがおすすめです。

また、おもちゃを車内に散らかさないように収納袋やポーチを用意すると便利です。

 

 

ゲームの提案とルールの設定

子供が楽しく遊べるゲームとして、「しりとり」や「お絵かきクイズ」、「なぞなぞ」などを提案します。

ルールを簡単に説明し、子供が理解しやすい形式で進行することが大切です。

 

 

子供が長時間集中できる積み木やパズルの活用法

積み木やパズルは、子供の集中力を高めるのに効果的です。

新幹線のテーブルを使って組み立てたり、パズルを解いたりすることで、子供は楽しみながら学ぶ経験を積むことができます。

スポンサーリンク

 

 

 

2歳児との新幹線の旅で、清潔で静かな絵本の楽しみ方

車内で使える絵本の選び方

新幹線の車内では静かに過ごす必要がありますので、音を出さない絵本やタブレットを活用しましょう。

また、キラキラと光る絵本や立体的な絵本も子供の興味を引くことができます。

 

 

お話を聞くだけでなく絵本を使った遊び方

絵本を読み聞かせるだけでなく、絵本を使った遊び方も楽しいです。

例えば、絵本の中の動物の声を真似してみたり、絵本の中のキャラクターを親子で演じてみるなど、子供とのコミュニケーションを深めることができます。

 

 

親子で楽しめる絵本の活用方法

親子で楽しめる絵本を持参して、一緒に物語を楽しむこともおすすめです。

お子さんと一緒に絵本を選んで読んだり、お話の内容について一緒に考えたりすることで、親子の絆を深める時間を過ごすことができます。

 

 

2歳児との新幹線の旅の安全を確保するためのポイント

車内での子供の監視と注意点

新幹線の車内では子供が安全に過ごせるよう、常に目を離さないようにしましょう。

また、子供が落ち着いて座ることが難しい場合は、膝の上で抱っこしたり、ひざ掛けを使ってゆったりと寝かせることも考えましょう。

 

 

走り回らないための配慮と工夫

子供が座って過ごすことが難しい場合は、車内での遊びを工夫しましょう。

例えば、静かに歌や手遊びを楽しむ、お絵かきをしてみる、または窓の景色を楽しむなど、子供が楽しめる方法で過ごすことができます。

 

 

長時間の座りっぱなしにならないための運動の提案

新幹線では長時間座りっぱなしになることが多いため、定期的な運動を取り入れてあげましょう。

子供と一緒に歩道を歩いたり、車内を散歩したりすることで、血行促進やリフレッシュの効果があります。

 

 

「2歳児が新幹線で落ち着いて過ごすための暇つぶしアイデア集」まとめ

以上、2歳児が新幹線で落ち着いて過ごすための暇つぶしアイデアをご紹介しました。

子供の注意力を引くおもちゃやゲームの選び方や、他の乗客にも配慮した遊びの提案、そして子供の安全を確保するためのポイントなど、ぜひ参考にしてください。

快適な新幹線の旅をお楽しみください!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
老いぼれ教師

退職したら、大切なことが2つある。これは、先輩に言われたことです。「教育」と「教養」であると・・・

しかし、よくよく聞くと
今日行くところと今日の用事を作ることが大切とのこと!

そこで、次のことを念頭に置き、このブログを創って行きたいと思います。
教育(今日行く)と教養(今日用)のための覚え書き
教育公務員ならではの第2の人生の歩みをここに記したいと思います。

老いぼれ教師をフォローする
日常生活
老いぼれ教師をフォローする
教育公務員ならではの第2の人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました